合併症について

レーシック手術の合併症には光の見え方が変わってしまう「ハロー・グレア現象」というものがあります。

ハローは光の周りがぼやけて見えてしまう、グレアは強い光を見ると眩しく感じてしまうという現象です。

手術直後には大抵の人がこのハロー・グレア現象に見舞われるようですが、これらは半年から1年を経て序所に治癒していきます。

強い近視の人の場合稀にこの症状が安定しない事がありますので、その際には掛かりつけの眼科医の相談して下さい。

「層間角膜炎」は角膜の炎症です。術後1日目から症状の現れる炎症ですが、これはきちんと薬を服用する事と点眼で治せます。

「角膜拡張症」は角膜の削りすぎが原因で引き起こされる合併症で術後、強度の近視や乱視になってしまう重篤な症状です。

レーシックのリスクについて

「裸眼の視力が回復する」「手術は両眼でも20分程度」「痛みは少ない」等などメリットの多いレーシック手術ですが、そこには勿論リスクもあります。

どのようなリスクをがあるのかをしっかりと理解した上でレーシック手術に臨みたいものですね。

レーシック手術は眼の角膜を切開して施されるものですが、術後の経過が芳しくない場合には再手術という可能性もあります。

その際レーシックで切開した角膜を元に戻すのですが、そこからウィルスや最近などが入って感染症になるというケースが稀にあります。

しかし、感染症は術後の処置をきちんと行っていればほとんど掛かりません。

レーシックの利点について

レーシック手術の利点の一番は何と言っても裸眼を矯正するところにあるでしょう。

裸眼そのものの視力を回復させる為、眼鏡やコンタクトレンズを使わなくても生活が出来るようになります。

その他では手術時間が片眼で10分、両眼で20分と短いので入院の必要が無く、術中術後の痛みも他の視力矯正手術に比べると遥かに軽減されます。

レーシック手術は刃物で眼を切開するのでは無く、レーザーで角膜に触れずに切開しますので患者の身体への負担も軽くなるのです。

また術後の安定率が高く効果も半永久的に持続をしますので、初期費用は掛かってしまいますが後々眼鏡やコンタクトレンズのように破損や買い替えといったメンテナンスも必要ありません。

レーシックの歴史

レーシックの歴史ですが、1939年に日本の佐藤教授が角膜を切開し屈折率を変えるという手術を成功させました。

佐藤教授の手術は角膜の両面に放射状に切開を施すというものでしたが高度な技術を要する為に余り普及には至らなかったようです。

後の1972年、ソ連のフィヨドロフ氏が新たな屈折矯正手術を成功させました。

これは角膜の前面を切開するというもので、以前の手術にあった術後に角膜が混濁してしまう問題も無くなりました。

1980年に入るとアメリカで「エキシマレーザー」が開発、屈折矯正手術に使用され始めます。

そして1990年にはギリシャで初めてレーシック手術が行われました。

現在日本では2000年に約2万人が、2005年には約7万人もの人がレーシックを受けています。