合併症について

レーシック手術の合併症には光の見え方が変わってしまう「ハロー・グレア現象」というものがあります。

ハローは光の周りがぼやけて見えてしまう、グレアは強い光を見ると眩しく感じてしまうという現象です。

手術直後には大抵の人がこのハロー・グレア現象に見舞われるようですが、これらは半年から1年を経て序所に治癒していきます。

強い近視の人の場合稀にこの症状が安定しない事がありますので、その際には掛かりつけの眼科医の相談して下さい。

「層間角膜炎」は角膜の炎症です。術後1日目から症状の現れる炎症ですが、これはきちんと薬を服用する事と点眼で治せます。

「角膜拡張症」は角膜の削りすぎが原因で引き起こされる合併症で術後、強度の近視や乱視になってしまう重篤な症状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です