レーシックの歴史

レーシックの歴史ですが、1939年に日本の佐藤教授が角膜を切開し屈折率を変えるという手術を成功させました。

佐藤教授の手術は角膜の両面に放射状に切開を施すというものでしたが高度な技術を要する為に余り普及には至らなかったようです。

後の1972年、ソ連のフィヨドロフ氏が新たな屈折矯正手術を成功させました。

これは角膜の前面を切開するというもので、以前の手術にあった術後に角膜が混濁してしまう問題も無くなりました。

1980年に入るとアメリカで「エキシマレーザー」が開発、屈折矯正手術に使用され始めます。

そして1990年にはギリシャで初めてレーシック手術が行われました。

現在日本では2000年に約2万人が、2005年には約7万人もの人がレーシックを受けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です