レーシックと遠視について

遠視とは、眼に入ってきた光が網膜を通り越して焦点を結ぶ状態を言います。

よく遠くの物が良く見え近くの物が見にくいと言われていますが、実際はピントが合わない為に遠くの物も近くの物もぼやけて見えてしまいます。

遠視には水晶体の屈折力が弱い為に起こる「屈折性遠視」と、眼軸が短い為に屈折力が弱く焦点が網膜を通り越してしまう「軸性遠視」の2種類があります。

こうした遠視は屈折異常の一つですのでレーシック手術で矯正する事が十分可能です。

遠視になる一番の理由として「遺伝」や「体質」等がありますが、これは自分ではどうしようもない要因です。

また小さな頃から遠視で見える映像が常になってしまうと十分な映像が脳に至らず発育不足になるとも言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です