レーシックと乱視について

眼の角膜と水晶体はレンズの役割を担っており、通常は屈折した光が網膜上に焦点を結んで物を見る事が出来ます。

遠視の場合はこの焦点が網膜の後方で結ばれる状態でしたが乱視はこの焦点が何処にも合わない状態を言います。

乱視には焦点がありませんので、遠くの物も近くのものも見え難くなってしまいます。

更に乱視の場合は眼の奥にかなりの負担を掛けてしまうので、眼精疲労の原因にもなってしまいます。

乱視になる原因は角膜と水晶体の歪みにあります。

通常はどちらも縦横均一なカーブの球体をしているのですが乱視は縦と横のカーブが異なります。

これまで乱視はレーシックでは不可能とされてきましたが、最近では機器や技術の向上によりレーシックを受けられるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です