レーシックで視力はどこまで回復するか

雑誌の広告などでは「驚異的に視力が回復した!」と書かれているものを見かけますが、実際のところ視力はどこまで回復するのでしょうか。

これには個人差が大きく出てしまうようです。

0.04の視力の人が手術後に1.2になったという例、また0.01の視力の人が1.0になったという報告があります。

しかしレーシック手術を受けた人たち全員がそこまで驚異的な回復を見せるとは限りません。

仮に0.01の人が10倍の視力回復をしても0.1にしかならないのです。

レーシックでの視力の回復には個人差があります。

ですから手術後の、「こんな筈では無かったのに」を無くす為にも幾つかの病院のカウンセリングを受けてきちんとした説明を受けられる眼科医を探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です